2012年06月02日

【2012アジア大会】各選手からのコメント

一夜明けて、それぞれの選手のfacebookにてコメントが更新されてました。
紹介させて頂きます。

――――――――――――――――――――

●折橋選手

準決勝で前回アジア大会覇者のタイに2-6で敗れ、三位決定戦で韓国を5-1で下し、
銅メダル獲得しました。

優勝出来なくて悔しいですが、今後に繋げていきたいと思います。
応援ありがとうございました!

――――――――――――――――――――

●曽根選手

準決勝でアジアチャンピオンであるタイとは初対戦でかなり燃えました。
序盤から激しいぶつかり合いでアドレナリン放出しまくり。
こういった試合は初めてでしたのでもっとやりたかった。
結果的に2-6で負けてしまい、かなり悔しいです!

決めるべきところで決めきれなかったところは
自分の未熟さが出てしまったのはやはり悔しいしかないです。

3位決定戦は自分との戦いになってしまい、
国際経験、試合経験不足がもろに出てしまった試合でした。

難しい試合の中で勝てたのは良かったとホッとしました。

でも、満足せず日本に戻って更なる向上を目指して練習あるのみです。
応援してくださった皆様、ありがとうございますヘ(^o^)/

――――――――――――――――――――

●植松選手

一夜空けて、
めっちゃ悔しいッ!

アジア第3位に終わりました。
ろう者日本代表にとっては過去最高の成績です。

応援してくれた皆さん、ほんまにごめんなさい!
そして、最後まで応援して頂き感謝しますm(__)m

タイ戦2-6負け
韓国戦5-1勝ち

これからの自分はどうなるんやら。。。
2つの選択肢があり、しっかり考えていきたい。

ミゲルジャパンもいよいよ明日決勝ですねo(^o^)o
タイ戦には絶対倒してほしい!
幸運を祈る。

そして、ろう者代表メンバーと一緒にやれて良かったわ!
キャプテンとしての役目はあまり果たせなかったが、
皆からの支えがあっての事やから、チームが1つになれた瞬間は忘れない。

ありがとう、皆!

――――――――――――――――――――

●木根渕選手

アジア大会のフットサルでデフフットサル界初のメダル(銅メダル)獲得です。
正直言うと、組み合わせに恵まれました。

相手が強いとそこそこ頑張れるけど、
相手が弱いと自分たちがやるべき戦い方を忘れてしまうという
メンタリティーの弱さを露呈してしましました。

それは、デフフットサルが国際経験が少ない、
真剣勝負の経験が少ない事があげられます。

でもそこでしっかり自分自身と戦い、
勝ちきる事が出来たのが良かったと思います。

タイとは、初対戦でしたが、
喧嘩フットサルで、アドレナリンが放出し、かなり燃えてました!
こういう試合は、日本では得られないのでもっともっとやりたいです。

勝てなかったのが悔しいですが、
日本が戦うべき方向性は間違ってないし、
後は個々のレベルアップが急務です。

この経験を次に繋げていかないと、デフフットサルのレベルが上がりません。
頑張っていきましょうd(⌒ー⌒)!

――――――――――――――――――――

●山本選手

昨日は決勝トーナメントでした。

【結果】
準決勝
前回アジア大会覇者であるタイに2-6で敗北

3位決定戦
韓国に5-1で勝利

アジア大会第3位に入賞し、デフ・フットサル界初のメダル(銅)を獲得しました。

目標としていた金メダルを獲得できず悔しいですが、
この経験を次に繋げていきたいと思います。

応援して下さった皆様、本当にありがとうございました★
今後とも、デフ・フットサル日本代表への熱い応援を宜しくお願いします!

――――――――――――――――――――

●船越選手

boa noite!

失意の銅メダルから1日経ちましたが・・・
師匠やいろんな方々からの激励コメントや暖かい励ましにはすごく救われました☆
皆さん、本当にありがとうございます!!

先に出発して現地リサーチ、準備、ケア等
いろいろ尽くしてくれたマネージャーのヒロミとヤナアキ、ありがとうね!!☆

シビアに言うと、やっぱり団体競技である以上、
個人だけが一生懸命頑張っても意味ないです。

個々がもっともっと自分のレベルを見直して、
精神的にも肉体的にもこれからどうすべきか真摯に考えねば、
いつまでたっても決勝の舞台には立てません☆

個人的にはタイとイラン倒すまではフットサル辞めれないです。
俺が辞めた後の新しい世代がイランとタイ倒すと凄く悔しいですから・・・。

自分が聞こえないから、聞こえないなりの弱点(ハンディ)多々あるし、
そこを突いたフットサルができれば、アジア頂点にたてるのになとカワゲンと話してました☆
その為のセオリーとは逆のフットサルを考えて追求していかねばならないです。

今大会を通して色々な想いや悩みがでてきたのは確かです☆
だから、日本に帰ったらじっくり時間かけながら悩みたいと思います。

明日は男子サッカーが決勝戦です。
俺がいた頃は成し得なかったアジア頂点を、
新しい世代が成し得ようとする姿をしっかり目に焼き付かせて、
それを糧に奮起していきたいと思います☆

――――――――――――――――――――


301810_368600859861016_100001333150401_998050_806581131_n


306099_307446546013646_1786004109_n




――――――――――――――――――――



kuririn06ara at 02:35│ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 2012:最新履歴 | 【特設】2012年アジア太平洋ろう者競技大会